2005年06月29日

えのき茸って・・・・・どうなのさ(イ・ビョンホン篇)

こんにちは、Mです。

今回のお題はえのき茸です。えのきは万能。お鍋には欠かせない食材ですし、煮物にも炒め物にも最適ですね。その独特な風味が食欲を引き立てます。特に個人的な思い入れはありませんが、食狩る人の浅い歴史の中で、食材らしい食材は今回が初めてですw。

まずは、えのきフルーチェ・・・っていきなり濃いな!

e12.JPG

イチゴ味を使用。

e13.JPG

フルーチェはできました。うまそう。

e15.JPG

茹でたえのきをイン。うわわわ!

e17.JPG

そして混ぜたらこんなかんじ。

e22.JPG

食ってみる。

な、なんというか、えのきが全く生きてない。死んでるね。フルーチェの味しかしません。というかえのきに異物感を感じるからマイナスになってる。コメントしづらいなこれは。とりあえず失敗ってことは確かのようで・・・。

次はフルーツ・えのき・グラノーラ。これどうやればうまくいくかな?

考えた末、まずはえのきを乾かしてぱりぱりにすることに。

e9.JPG

グリルでやるか。

e10.JPG

こんがりな〜れ。

e2.JPG

こんなかんじになった。ちょいこげてしまった。

e23.JPG

フルーツ・グラノーラにはこれを使用。

e11.JPG

えのきをのせるとこんなかんじ・・・。うまそうかうまそうじゃないかで言われるとうまそう。でも・・・匂いはほぼえのき臭だよ。なんだこれ。

e21.JPG

ミルクを注いで、そして、食った!
お?そんなにわるくないか?そしてもう一口。


うが・・・!!まず!!だめだ!!えのきを口に大量に卒んだら変な風味が口にふわ〜んと・・・。

もう次だね。次は、スゴイダイズエノキ。すごいのが大豆なのかえのきなのかもうわからんね。

e16.JPG

調整じゃないほうのスゴイダイズを使用。

e4.JPG

真っ白だね。

e14.JPG

な、なんか膨らんできたよーーー

e18.JPG

なんとか、こんな感じになりました。普通なかんじ・・・。ざるにあげたときはカルボナーラを彷彿とさせたが、結局はえのき。

e19.JPG

そして食べる。

まずくない。ってかうまいほうじゃないかな。でも、ちょとものたりない。

e20.JPG

醤油を足してみる。

うまーーーい!なんだこれは。うますぎるよ!スゴイダイズのおかげで醤油のとげとげしさがなくなって、まろやかになって醤油の旨みが引き立ってる。そして醤油とスゴイダイズとえのきが絶妙な味のバランスで、相他効果。これはうまいよ。もっと食べたいって思ったのは食狩る人初じゃないか?

いやーうまかった。次行くか。次は、えのきゼリーってなんじゃそりゃそりゃ。

e1.JPG

250CCの水を温めて沸騰したらえのきをイン。

e3.JPG

ゼリーなので砂糖も入れます。

e7.JPG

茹で上がったら、容器に移してゼリーの素を入れる。

e8.JPG

氷水で冷やして、固まったら出来上がり。

e24.JPG

そして食べてみた。

がっ!なんじゃこりゃ!!!!まずい!超まずい;;ゼリーの部分だけならまだしも、えのき食ったら吐きそうになるよ・・・・。てかゼリーの部分も十分まずい。だめだ!!!!;

ラストは・・・。リポビタンDえのき。またか・・・。出てきやがった・・・。

e25.JPG

懐かしいこの黄色。

e26.JPG

うわ・・・

e27.JPG

なんだこれ・・・自然の色じゃない・・・はぁ!臭い!!うわーーーーーーーー

e29.JPG

食った

・・・・・・
























まーーずーーーすーーーーぎーーーーーるーーーーーーーー!!!!!!!!!111111


















食えたもんじゃねぇ・・・・・・もう味とかじゃない。匂いを嗅いだ時点で体が拒絶する準備をしてたような・・・・・。まずすぎるよ・・・・              絶句

(この後5分くらい言葉を発したくなくなった。)

こんな料理を出されたら、何十年来ずっとあこがれてる人が作ったとしても食わないね。これならビアホフベッカムにもNOって言える。NOと言えない日本人でも、皆NOといえるようになるなこりゃ。

今回は最後の料理だけで失敗ですよ。あーだめだこりゃ。
どれだけだめかを知りたい人はやってみてください。全米が泣きます。




あ、なぜイ・ビョンホン篇かって?
それは・・・彼の名前を題名にするとアクセスが増えるかなーって・・・
ごめんなさい。イ・ビョンホン目当てで来た人のために、お詫びとしてこの画像を載せときます。

イ・ビョンホン氏

イ・ビョンホンも食狩る人!?





人気blogランキングに協力してください!クリックだけ(^o^)/~↓
banner.gif
posted by M at 02:50| Comment(5) | TrackBack(2) | おかず篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

タモリ倶楽部

一番皮がうまい魚は何か!?をやってた。身は食べれない。またばかな企画を・・・。

真鯛>あかはた>いさき>かます>鱸>鯵>ほっけ>鮭
   >あまだい
                >鯖
                >ひらまさ

てなことになってました。

何かの一部のランキングってありだな。ぱくってこう!





人気blogランキングに協力してください!クリックだけ(^o^)/~↓
banner.gif
 
posted by M at 00:53| Comment(22) | TrackBack(9) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

ふりかけって・・・・・どうなのさ

こんにちは。通常通り、一週間ぶりの更新です。

今回のお題は「ふりかけ」。米はあるけどおかずがねー!ってときは、とりあえずふりかけですよね。そのへんは、お茶づけ・とふりかけ・にわかれるのかもしれませんが、私は・・気分次第かな^^;でもふりかけ好きです。小学生の頃とか、ふりかけで3杯くらい飯食ってました。しかも昼の3時頃に。おばあちゃんに、「お前は、しゃ(方言でおかずのこと)は食わんから、将来ははしゃかん(土方の仕事)にでもなるんだろ」とあきれられていたほどです。まあそんな話は想定の範囲外のプロレスですが、本編に入りましょう。


F1000003.JPG

今回はふりかけの代表格である、「のりたま」を使用。

まずは、ふりかけ豆腐。大豆と米の違いはあっても、これは普通にいけると予想してるけど、どうか。

F1000001.JPG

豆腐を皿へ。

F1000002.JPG

ふりかけをかけました。この先もあるので、1/4だけ。

そして食べてみる。

うまい!食べれるどころかうまい!!大豆とのりたまがかなり合うね。文句なしに成功!

F1000004.JPG

醤油をかけてみました。豆腐が半分しかないのは、美味すぎて食べちゃったからです。

これまたうまい。醤油とのりが合うし、ちょっと味は濃いけど、ご飯があればいいっすよこれ!今回は幸先いいね〜。

次は、ふりかけパン。

F1000005.JPG

超芳醇を使用。

F1000006.JPG F1000007.JPG

こんなかんじでふりかけをはさむ。

F1000008.JPG

そして、EAT!!

甘からず、そして辛からず、しかし美味からず・・・。まずくはないけど、うまくもないねぇ・・・。次やるかって言われたら・・・やんないね。

次はじゃむふりかけパン。もう勢い。

F1000009.JPG

ジャムを塗る。ここまでは美味そうだ。ジャムパンなんて久しぶりに食うな。ふりかけつきだけど・・・。

F1000011.JPG

こんなかんじです・・・。

F1000012.JPG

そしてたべる。

まずーーーーーーーーーー!!こりゃだめだ!!もう次だ!!次!!

次はふりかけヨーグルト。

F1000015.JPG

ヨーグルトには、今回もブルガリアヨーグルトを使用しました。

F1000016.JPG

こんなかんじ。一応半分にしときました。

F1000017.JPG

eat。

美味からずだけどまずからず、全然合わないわけじゃないね。でも、コーヒーヨーグルトのようにお勧めはしません。微妙な感じ。

最後はふりかけトマト。もうギャグですね。

F1000013.JPG

うまそう。トマトだけだったら。

ふりかけた。写真とり忘れた・・・。

そして、

F1000014.JPG

食べましたよ。(しんすけ風)

あら。うまいじゃないの。とまとがのりたまに合う!意外や意外!これはうまいっすよ。


今回の成功は、ふりかけ豆腐とふりかけトマトかな?トマトは意外にうまかったかんじなだけだったかもしれないけど、豆腐はまじうまい。醤油をかけるときは少なめにしてください。ただ今回は「のりたま」の場合なので、他のふりかけで失敗しても文句無しよ。あと、ジャムパンは普通に食べましょう。

ではまた〜。





人気blogランキングに協力してください!クリックだけ(^o^)/~↓
banner.gif
posted by M at 19:12| Comment(28) | TrackBack(4) | おかず篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

コーヒーって・・・・・どうなのさ(後編・食べ物篇)

次はコーヒーヨーグルト、いや、カフェヨーグルト。すっぱいヨーグルトとどこまで合うかが鍵。

F1000074.JPG

クリームにバニラエッセンスを大量に入れた感じ。

F1000077.JPG

砂糖も入れますよ〜。

で、食べる。ちょっとコーヒーが薄いかな?

F1000078.JPG

で、足してみた。

うまいよこれ!これはきたね!はじめて大成功が来たよこれ!ぜひ試してみてください。
ブルガリアヨーグルト1に対して、砂糖小さじ大盛1、濃コーヒー小さじ2。

いい流れで次。といっても次はコーヒーねるねるねるねグレープ味。まったく期待してません。

F1000079.JPG

コーヒーを準備。

F1000080.JPG

粉にin。

F1000081.JPG

ありえん色になっとるよ!しかもくせぇ!!超くせぇ!!!これ食べるのかよ!

F1000082.JPG

次の粉を入れたら肌色に。グレープじゃないねこりゃ。

F1000083.JPGF1000084.JPG

た、食べるか。

まずいのか?外側の飴くずで味がかき消されてる。ということで裸のねるねるねるねを食べようか・・・やめようか・・・・。食べるか・・・・

F1000085.JPG

まずいよ・・・だめだよこれ・・・。お菓子なのに苦い;;

口直し、になるかはわからんが、コーヒー大学芋を作ろうか。

さつま芋を角切りにして水にさらす。そして水を切る。

切った芋を箸が通るまで揚げる。その間に、砂糖90g、みりん50CC、醤油大さじ1、そして濃いコーヒー大さじ1で飴を作る。

両方が熱いうちにからめる。

F1000086.JPG

さてできました。いいにおい!!

F1000087.JPG

そして食べる。

うまい!!ってかコーヒー関係なし;;

でも、食べるほどにコーヒーの存在がわかるようになってきた、ってかいいこくが出てるね。好みがわかれるかもしれないけど、それはこれでうまい。ちょっとコーヒーを減らせばいい感じのこくになるんじゃないかな?冷えてくるとだんだんコーヒーがきつくなってきたよ。ってか今回の長丁場(3時間くらい)、体にコーヒーがきつくなってる・・・。でもうまいよ、これは。


今回は・・・成功でいいでしょ!!
なんといってもカフェヨーグルトがうまかった。美味!乳製品業者の人は作ったほうがいいよ、これは。ってかもうあるのかな??





人気blogランキングに協力してください!クリックだけ(^o^)/~↓
banner.gif
posted by M at 04:00| Comment(179) | TrackBack(2) | 飲料篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーって・・・・・・どうなのさ(飲み物篇)

一週間ぶりの更新。二回目です。

今日のお題は「コーヒー」。好き嫌いはあるかもしれませんが、前回のリポビタンDよりも家庭には浸透してるんじゃないでしょうか。でもあれですよね・・・・どっちも食材じゃない。そんなことは気にしない気にしない。新しい可能性を探れればいいんです。

コーヒーと言えばあの特有の苦味ですよね。私はコーヒーの苦味を語る能力を持ち合わせてないかもしれませんが、できた飲み物、食べ物がうまいかまずいかくらいはわかります。今回のコンセプトは、コーヒーの苦味を引き立てるのではなく、甘さとの融合によって旨みを引き立てるという視点で行きます。カフェオレとかがそうですよね。

まず一つ目は、コーヒーカルピス。おそらく違った甘味のあるカフェオレのような味になると予想。

F1000058.JPG

コーヒーには懸賞で当てた香味焙煎(インスタント)を使用。

F1000060.JPG

カルピスに濃いコーヒーを入れる。

F1000061.JPG

水と氷をin。

そして飲んでみました。

うま・・・くない。てかまずい。相乗効果どころか二つの悪い部分が重なってとげとげしい味になってる。飲んだ瞬間一瞬カルピスの甘味が・・・と思ったら嫌な苦味が来る。これは失敗ですね。はい。

気を取り直して次。コーヒー紅茶。紅茶にはリプトンイエローラベルを使用。これにはそんなに期待してませんでした。

F1000064.JPG

葉っぱが黒くなってる・・・。

F1000066.JPG

こんなかんじ。

F1000067.JPG

このままお湯を入れる。

F1000068.JPG

それでお味は・・・。

渋苦い。要するにまずい。

F1000069.JPG

砂糖を入れてみる。

変わらん!!まずい!以上!次!

次はコーヒーコーラ。これには期待。普通の加糖コーヒーみたいになるんじゃないかな?

F1000070.JPGF1000071.JPGF1000072.JPG

濃いコーヒーにコーラをin。

泡が消えないYO!

F1000073.JPG

一応混ぜてみると・・・泡があわあわあわ;;

何とか復興して飲む。

とりあえず炭酸抜けてる(笑)。でも予想は結構的中。炭酸入りのアイスコーヒーを飲んでるみたい。炭酸がもっとあったらもっとうまかったかも。泡を出さずに混ぜれる方法を教えてください(笑)。


食べ物篇へ続く・・・





人気blogランキングに協力してください!クリックだけ(^o^)/~↓
banner.gif
posted by M at 03:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 飲料篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

リポビタンDって・・・・・どうなのさ

はじめまして、食狩る人へようこそ。

このブログでは、万ある食材一つ一つの限界に挑戦するブログです。

普段が脇役でも、調理次第によっては化ける、もしくは今まで考えなかったような食材が料理の中で生きるなんてことも。

お送りするのは、Mと、Sです。どうも。


今日のお題は『リポビタンDって・・・・・どうなのさ』。

元気が無いとき、今日はがんばるぞ!というときに私たちを助けてくれるリポD。実際に効果が出てるのを実感できるようなものではないが、飲むとなんとなく力が出るような代物だ。私も子供の頃に、運動会の朝に親に飲まされたもんだ(ドーピング?)。

そんなリポビタンDを、今日は食材として考えてみようじゃないか。

しかし、どう利用するかが問題だ。

そこで考えた。

同じ栄養補給の意味合いも兼ねているスポーツドリンク(ポカリスウェットなど)は、温めるとまた違うおいしさがでて、体が温まる効果もあるようだ。

そこで、

実験1「ほっとリポビタンDを食す」

それで、買ってきましたよ。

F10000553.jpg

念のため(?)、チオビタドリンクとエスカップも購入。

さて、リポビタンDから喰らってやるか。

F10000543.jpg

そしてレンジへ・・・

F10000533.jpg

さて温まりました。そしてなぜかワイングラスへ。

F10000513.jpg

うわ・・・黄色い・・・。いやな感じの黄色さですな。

まずは嗅いでみる。く、くさ・・・、くもないぞ?でも甘ったるい匂いが漂う。

F100004923.jpg

そして、In。

F100004823.jpg

こ・・・これは・・・・。



うまい。



はちょっと言い過ぎた。まずくない。というか普通のリポビタンDだ。熱することによって変に何かの味が強くなるわけでもなく、やはりちょっと甘いが、想定の範囲内でもいい方許容範囲だ。体も心なしか温まってきた。

これは、成功でいいんじゃないすか?S?


さあ、このいい流れで次行きますか。

次は、チオビタ。

同じようにレンジで加熱、ワイングラスへ。

F10000473.jpg

リポビタンDと色はほとんどかわらない。やや薄めか?

まずは嗅いでみなきゃ。

F100004623.jpg

ゔ・・・これは嫌なかんじが・・・。なんというか、薬の匂いが強い。

まあ、要は味だ。飲んでみるか。

F100004523.jpg

・・・・。まずい・・・。リポビタンDとは一線を画した味だ・・・。薬臭がすごい。しかもなにやら渋い。これはスパイダー、失敗だ。


流れが悪くなってきた。そして何よりもおなかの具合が悪くなってきた。

でも、強制的に次へ。

エスカップ。

レンジで温め、グラスへ。

F10000433.jpg

こ、濃くないすか?なにやら漂ってくる匂いも甘〜い。今の肉体的状況では厳しい相手になるかもしれん。

とりあえず、嗅ぐ。

F100004223.jpg

甘い匂いが強烈に襲う。でも飲まなきゃ・・・。

F100004123.jpg

・・・?お?これは案外悪くないかも。確かに甘いが、リポビタンDに限りなく近い味だ。でもちょっと後味とか総合して考えると、リポDのほうが優位だね。でも、悪くない。

三本すべてを飲み終わり、結果はこちら。

F10000333.jpg

一位:リポビタンD
二位:エスカップ
圏外:チオビタドリンク

個人的にはチオビタが伏兵として面白い存在になるかもと予想していたが、かなり不愉快なものでしか無かったようだ。


上のように、リポビタンDは温めてもいけると言うことが判明したわけだが、この結果を踏まえて、このような仮説を立ててみた。

リポビタンDは、調味料として使える"

味は悪くなく、何よりも栄養が豊富だ。このような仮説は十分成り立ちうるのではないか?

そして今回試したのが「リポ味噌D汁」

題名からも分かるように、味噌汁をリポビタンDで作ってしまおうというもの。

リポビタンDが、朝サラリーマン達を元気付けているのなら、いっそのこと朝食の代表格である味噌汁の中に入れてはどうなのかと。

これは早速試してみるほかない。


まずは、量の関係で、リポビタンDを60%に薄め、温める。

F10000403.jpg

味噌汁には、「あさげ」を使用。

そしてIN!!

F10000393.jpg

画像では分かりにくいかもしれないが、普段のあさげよりも色が明るい気がする・・・。

まずは嗅いでみる。

F100003823.jpg

臭い!!超臭い!!今まで嗅いだことの無い臭さ!!これはやばいんじゃないか・・・。でも、食ってみるとうまいってこともあるかもしれないかもしれ・・・。

F100003623.jpg


・・・。(絶句)


久しぶりにこんなまずいもの食ったよ。ほんとに。リポビタンDとあさげを造った人達、ごめんなさい。これは本当に食えません。Jrは具を食ったけど、汁よりもまずかったらしい。おれは食えなかっよ。ほんとごめんなさい。謝るしかないです。



今日の実験結果

・リポビタンDはホットでも案外いける。冬の夜にはおすすめする。

・食材としては最低ランク、ってか食材じゃない。



Sよ、さすがに次は食えるやつをやるか。せめて完食できるやつを。





人気blogランキングに協力してください!クリックだけ(^o^)/~↓
banner.gif続きを読む
posted by M at 23:28| Comment(2) | TrackBack(2) | 飲料篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由にトラックバックできます。

このブログは自由にトラックバック可能です。

どの記事でも歓迎します。

さらに関連する記事なら大歓迎です。

また、最新のトラックバックが15件表示されるので、たぶん長くトップに表示されると思います。
posted by M at 02:59| Comment(12) | TrackBack(5) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログについて

・食について真剣に考えながらも、結局はアホなことに挑戦しているお馬鹿なブログです。

・リンク先で起こったいかなる損害、事件にも、当サイトは一切責任を負わないものとします。

・当ブログの内容を試すことによって起こったいかなる損害、事件についても、当サイトは一切責任を負わないものとします。

・管理人への要望は、掲示板でのみ受け付けております。メールでは受け付けておりません。

・トラックバックは原則自由ですが、18禁の内容のものはご遠慮願います。

・当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてかまいません。また、相互リンクも募集しています。ご希望の方は掲示板までお願いします。バナーもあるのでご自由にダウンロードしてお使いください。

100×40
shokukartbanner2.gif

125×50
shokukartbanner1.gif

150×60
shokukartbanner3.gif
posted by M at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。